北陸スウェーデンハウス

BLOG

BLOG
Feel the TECHNOLOGY

Feel the Technology 視覚

スウェーデンハウスの窓には秘密がある?

スウェーデンハウスのアイデンティティともいうべき、トップターンウィンドウ。初めてご覧になったお客様のほとんどが、その大きさ、明るさに驚かれます。この明るさ、存在感・・・一体どんな秘密があるのでしょうか?理由はいろいろ考えられます。スウェーデンハウスの窓には。「格子」や「桟」がありません。また、日本家屋の窓には必ずセットされ、窓の半分を暗くみせている「網戸」もありません。結露の悩みからも解放されるので、真冬でも外の景色が楽しめます。ガラス全面で光を取りこみ、遮るもののない視界を楽しめる。この解放感が、実際の大きさよりも窓を大きく印象付けるのかもしれません。

北側に大きな窓をつけるなんて、おかしいですか?

明るさや存在感もさることながら、スウェーデンハウスの窓の大きな特徴は、何んと言っても優れた断熱性能。そのレベルの高さは設計図にも表れます。設計の教科書どおりにいくと、家の北側は寒いので、窓はなるべく小さく、少なく。居室よりも水回りが集中してしまうというのが一般的ですが、その常識を簡単に覆すのが、スウェーデンハウスの窓。「窓=寒い」という心配がないため、北向きの部屋やお風呂に大きな窓を設置されるお客様は多くおられます。北向きの窓から差し込む光は一日中安定しているので、アトリエや書斎にも最適。また、盆栽や花壇を順光で、美しく眺めたいとおっしゃる方も最近は増えてきています。空だって、太陽のある南は白っぽく見えますが、北の空は真っ青で美しい。・・・断熱性能へのこだわりは、家の「北側」の価値を一変し、暮らしの楽しみを大きく拡げてくれることになりました。

美しい窓と暮らすと幸福になるって、本当ですか?

ところで、今年に入って何回窓を拭きましたか?スウェーデンハウスにお住まいの方とそうでない方とで、その回数にはきっと大きな差があると思います。掃除しやすい、というだけではなく「気になる窓」、「見せたくなる窓」だから、ついつい拭いてしまう_スウェーデンハウスの窓は、換気・断熱・防犯等の機能に加えて、「見て楽しい」という大きな特徴を兼ね備えているのです。「額縁に入った絵画を見ているよう」という表現がよく使われるように、豊かな表現力を持っています。花を飾ることで、窓は住まう人々に、そして道行く人々い、様々なことを語り始めます。季節を感じたり、家族を想ったり、明日を待ち焦がれたり・・・窓に視線を移す時、人はいつもよりも少し上を向き、胸を張ります。美しい窓と暮らしてください。きっと美しい毎日が待っています。

スウェーデンハウスの窓