北陸スウェーデンハウス

BLOG

BLOG
住まいのお役立ち情報北欧のライフスタイル

快適な暮らしに欠かせない24時間換気システム

スウェーデンハウスにお住まいのオーナー様から良くいただくお言葉 「玄関も廊下もリビングと温度が変わらなくて家中が快適!なんです」そうなんです!それはスウェーデンハウスが本物の高気密な住宅であるからこそ頂けるお言葉なんです。
玄関に入った瞬間感じる木の香りと森の中にいるような空気感、なぜこんなに快適なのかの一つとして計画換気のお話をご紹介いたします。

本当に快適な暮らしを実現するために欠かせない計画換気
人が生活していると、呼吸をしたり、料理などで、二酸化炭素や臭い、水蒸気などが発生します。
家の中で気持ちよく過ごすためには一般的に成人1人あたり、1時間に約30㎥の新鮮な空気が必要だと言われています。でもそれだけの空気を途切れることなく確実に入れ替えることは、そう簡単ではありません。まず、隙間の少ない家、つまり高気密の家である必要があります。そうでないときちんと計画的に換気をすることができません。

隙間風が入ってくると寒くなることはあるけど、ある程度換気はできているって勘違いされている場合もありますが、それは間違い。隙間だらけの家にいくら新しい空気を送り込んでも部屋の隅々に行き渡る前に、隙間からするりと出て行ってしまいます。外気にも影響されて、換気が思い通りに行ってるとはいえませんし、なによりエネルギーの無駄遣いにもなります。
効率よく計画換気をするためにはその家が高気密であるということが前提です。

スウェーデンハウスは専用の機械を使ってC値を測定しています。そのC値測定により本物の高気密であることが保証されています。なので計画換気により必要なだけ空気を入れ替えることが可能です。また高気密は高断熱にも大きく影響します。暖まった空気を逃さずキープできるのも気密性能があるからこそなんです。高断熱も計画換気も高気密があってこそ初めて100%活かされます。この3つが揃って初めて、真の快適さが実現するということです。

スウェーデンハウスは1軒1軒すべての家でC値を測定し24時間換気システムを標準で装備しています。
だから夏は涼しく冬は暖かい、そして空気までもおいしい健康住宅。まさに人にも環境にも優しい住宅です。