北陸スウェーデンハウス

BLOG

BLOG
Feel the TECHNOLOGY

Feel the Technology 涼感

窓を開けて寝ても大丈夫?

初夏、まだエアコンをつけるほどの暑さはなく、さりとて窓を閉め切ると寝苦しい・・・そんな夜は、窓を「換気ポジション」にしてみてください。窓を2センチ開けてハンドルを横に。2階と1階で対角線上に窓を開けると、部屋の中を涼しい外気が流れ始めるはずです。窓を開けて寝るなんて、スウェーデンハウスの窓だからおススメできるのかもしれません。人の手が差し込めない僅かな開き幅で固定できるスウェーデンハウスの窓。防犯性に優れた窓だからできる、初夏の夜の涼しい過ごし方です。

「カラリ」が得意な、スウェーデンハウス。

初夏を過ぎて、盛夏。日本特有の蒸し暑さ、不快に感じますよね?蒸し暑さの原因は「湿度」です。単に気温が高いから不快なのではありません。気温が高くても、湿気が少なくてカラリとしていれば、以外と過ごしやすいもの。もちろん、部屋の中でも同じことです。では、「どうすればカラリと快適な室内になるのでしょうか?実はこの「カラリ」こそ、スウェーデンハウスの得意とするところ。その理由は2つあります。
一つは高い気密性。湿気は隙間風と同じようにわずかな隙間から入り込んできますから、気密性が高いほど、外のムシムシした空気を室内に取り込まずにすむのです。もう一つは、24時間換気システムです。スウェーデンハウスの換気システムは熱交換型換気システムといい、外気をそのまま室内に取り入れる換気システムではありません。外気の温度や湿度を室内のそれに近づけながら取りこむことで、快適な室内環境を損なうことなく換気を行うことが可能なのです。湿度を低く保てるということ・・・実は省エネにもつながります。夏場に大活躍のエアコンは、一般的に除湿のためにも多くのエネルギーを使っています。予め湿度の低い「カラリ」の状態で運転できれば、効率よく、少ないエネルギーで涼しい室内にすることができる・・・つまりスウェーデンハウスは、湿度コントロールが上手な、エアコンの効きが良い住宅なのです。

エアコンの24時間連続運転、していますか?

エアコンの効きが良いスウェーデンハウス。この性能を上手に活用するために、おすすめしているのがエアコンの24時間連続運転です。「外出中もつけっぱなし?」と驚かないでください。実際には設定温度になればエアコンは待機状態に入るので、「主電源を入れておく」という感覚かもしれません。「魔法瓶のような家」とまで言われるスウェーデンハウスの気密・断熱性能は、一旦設定温度になった室温を長時間キープしてくれます。だから実際の運転時間はそれほど長くななりません。エアコンの連続運転をしていないと、日中に強い日差しを浴びて壁や屋根が熱せられ、室内の温度は上昇。エアコンで快適な室温まで下げるには長い時間と大きなエネルギーを必要とします。予め室内の温度上昇を防いでおくことは、室内を常に快適に保つだけでなく、実は非常尾に省エネな、賢い暮らし方でもあるのです。

涼しい夏の工夫、他にもありますか?

日差しをうまく遮りましょう。例えばオーニング。日差し(熱)が窓に届く手前で遮るのが効果的です。見た目にもアクセントになるオーニングで、窓辺の温度上昇を防ぎましょう。そして植栽にもちょっと工夫を。家の南側に植えられたシャラや楓などの落葉広葉樹は、暑い夏には葉を茂らせて木陰を作り、家を日差しから守ってくれます。鮮やかな緑、サラサラと優しい葉音・・・涼を呼ぶ爽やかな情景も楽しめます。ちょっとした工夫で、たくさんの新しい快適が生まれるスウェーデンハウス。戸外で暑い夏を存分にお楽しみください。家に帰ってきたら、とびっきりの「気持ちいい」をお届けします。

 

スウェーデンハウスの高気密・高断熱について